映画「エンディングノート」みてきました。

事業承継センターのパートナー4人で、映画「エンディングノート」を観てきました。

いい大人が全員涙うるうるさせながらハッピーエンディングを観ておりました。
実の娘が、撮影、監督したドキュメンタリー映画であり、役者さんが演じるのとは違った本物の感情、思いがスクリーンを通じて伝わってきました。

段取りをしっかりとされていた方だったからこそ、劇中でも言われているように、「ハッピーエンディング」といえるのだと思います。

現実は「ハッピーエンディング」にはなかなかならないと思います。

でも、少しでも残される人たちのことを考え、段取りをしておくだけでも、ハッピーエンディングへ近づけるのだと思います。

改めて、事業承継計画の重要性を感じました。

みなさんも是非ご覧になってくだい。

フォームでのお問い合わせはこちら 03-5408-5506