短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント

金子先生推薦!

行動科学マネジメントとは……
●行動分析で実証された心理学であり、データに基づく科学的マネジメントです。
●人の望む行動を増やし、望まない行動を減らすことができます。
●あらゆる業務を行動に焦点をあてスモールゴールを設定、生産性の高いマネジメントが実現
●従来10人で行っていた仕事が、8人以下の労力でも可能となります。
●自発的な行動が増え、しかも持続性を確実に向上
●ISO9001、プロジェクトマネジメントに続く、マネジメントの生産性を実現するメソッドです。

内容

人は、ある行動をしてから60秒以内にほめられるとその行動を繰り返す。これを実践すると8割のできない人ができる人に変身する。行動分析で実証された心理学であり、データに基づく科学的マネジメント。

「編集者からのコメント」

この本は、人間の行動原則を、ビジネスに応用するための本です。心理学の先進国アメリカで数十年間の研究と実績がある心理学「応用行動分析」をベースにしています。「勘」や「経験」に頼るマネジメントから、科学的で結果がわかるマネジメントに変化できます。「ラクラク~~できる」とか「1時間で~~できる」といった、お手軽なマネジメント書ではありませんから、きちんとした理論と実践を学ぶことができます。

著者略歴

石田 淳 氏
株式会社ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼最高経営責任者。行動科学マネジメント研究所所長。1998年、上場企業を退社し独立。人間の行動を科学的に分析する手法を学ぶため渡米。日本で唯一行動科学メソッドを提供、研修、コンサルティングできる行動科学(分析)マネジメントの第一人者。人材育成と問題解決をすることで出店を加速する独自のマネジメント手法を構築し、5年間でFC店舗でなく、直営90店舗を展開。5年で10倍という驚異的な拡大スピードは、同業他社・マスコミも注目。行動科学に基づくその画期的手法は、多くのメディアから取材以来が殺到する。人間の行動を科学する手法は、社内マネジメントだけでなく、自ら運営する企業の教育システムにも導入。主体的に学習する学習マネジメントにまで発展させる。現在は、大手企業から中小企業の社内研修を活発的に展開。社員の離職率対策、優秀な女性従業員の活用、早期人材育成といった科学的なマネジメントに特化した手法が注目されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

単行本: 236ページ
出版社: ダイヤモンド社 (2007/9/29)
ISBN-10: 4478300755
ISBN-13: 978-4478300756
発売日: 2007/9/29
商品の寸法: 18.6 x 13.2 x 1.6 cm

Amazonで購入

フォームでのお問い合わせはこちら 03-5408-5506