昔の将棋には「事業承継」があったんです |事業承継センター「メルマガ」第53号

事業承継センターメルマガ

◆━http://www.jigyousyoukei.co.jp/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【 事業承継センター メールマガジン 】
思いを明日へ、託し受け継ぐ — 事業承継に欠かせない知識が満載
——————————————————
今後の配信が不要の方は、文末の解除URLをクリックしてください。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
発行日 :2013年10月29日

みなさん、いつもお世話になります。
事業承継センターメルマガ編集局です。

ところで、みなさん、大将棋、中将棋ってご存知ですか?

私は全く知らなかったのですが、先週「平安時代の将棋の駒が興福寺旧境内から
出土」というニュースをみて調べてみたんです。

ということで、この流れで今週の特集に突入したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今週の特集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、大将棋、中将棋とは、今の本将棋とはちょっと違っていて、
コマ数がもっと多くて、持ち駒がなくて、敵陣で成れるコマが限られていたり
とか、ルールも違えば規模も大きいんですよね。

沢山のコマが一様に並んでいる最初の陣容をみると、まるで合戦です。
合戦ならば、敵の駒を打ちとったら自分の駒になって、それを好きな場所に
配置できるという今の将棋のルールは、やはりゲームのルールですよね。

本来ならば、討ち取られたら終わりなので、ただコマが減っていくだけです。
なので、コマを取られないように大切に使いますよね。
そういう意味では、本来の合戦に近いのかもしれません。
(ビジネスでもコマは大切にしてくださいね……)

そしてもうひとつ、敵陣に入ると「成駒」に成れるわけですが、普通の本将棋は
基本すべて「金」になります。
しかし、大将棋、中将棋は違うんですね。

駒によって成れるコマが違うんです。
どれも基本的には、元の動きを更に強くする動きで、呼び名も変わるんです。
さながら軍隊で階級が上がるようなイメージです。
「香車」が「白駒」に、「角行」が「龍馬」に、そして「金将」は「飛車」に。

敵陣に切り込んでいって、敵兵を倒した者は昇格して更に強くなる。
成駒ってそういうことだったんですね。

そいう意味で「将」がついている「銀将」が敵陣で武功を上げて、「金将」に
昇格するのと、「歩兵」が敵陣に入っただけで「金将」になるのは、本来の
意味からは適切ではなく、ゲーム性を求めて進化した感じですね。

ちなみに、大将棋、中将棋では「銀将」が成ると「堅行」として、「飛車」の
ように縦の動きが使えるようになります。

ところで、私が興味を持ったのは、今回出土した「酔象」というコマです。

このコマは「王将」の動きから後ろに行く動きだけを除いたものです。
初期配置は、大将棋では王将の前、中将棋では王将の横にいます。
要は「王将」の側近的な位置にいるわけです。

この駒が、敵陣に切り込み、武功をあげるとどうなるか?

「王将」と同じ動きができるようになります。
そして、呼び名は「太子」となります。

更に、「太子」がいる場合は、万一「王将」が討ち取られても、「太子」が存在
する間はゲームが続行するのです。

うーん。なるほど…… これは事業承継です。

後継者となる「太子」をつくらないと、王将がいなくなったらゲームが終わって
しまいます。
「太子」を作るためには、「太子」に成れる「酔象」のようなコマ(ご子息等)
を後継者候補として、そのコマに武功を上げさせなくてはなりません。

「酔象」はいるけど、まだ「太子」になっていないケース、今の時代は多いの
では?

そもそも、今の本将棋は「王将」が討ち取られたら終わりですから、王将のこと
しか考えませんもんね。

「王将」が討ち取られても、ゲームが終わらないように、「太子」は意識的に
作っておきたいものですね。

という意味でも、「酔象」を「太子」にする方法、弊社の「後継者塾」で
伝授いたします。

今期は2月から半年コースも開催する予定です。
まだご参加されていない方、是非ご検討ください。

ちなみに、歩兵の前に「仲人」というコマが2つあります。
なんだか、合戦を仲介するような配置に見えるのですが、なんと、この「仲人」
成駒になると「酔象」に成れるんです。
なんで、この最前線にいる「仲人」が「酔象」に成るんですかね? M&A?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
事業承継センターからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼中小企業庁委託事業 ミラサポ 地域プラットフォーム登録
事業承継センター株式会社は、中小企業・小規模事業者向の未来をサポートする
支援ポータルサイト「ミラサポ」の、地域プラットフォームとして登録されて
います。
地域プラットフォームでは、専門家の派遣、登録をはじめ、地域の中小企業へ
様々な支援を実施することが可能となりました。
無料相談等の支援をご利用の場合、詳しくは弊社までお問合せ下さい。
http://www.jigyousyoukei.co.jp/contact/

▼弊社代表の内藤博が「中小企業経営診断シンポジウム2013」で論文発表
http://www.chusho-sympo.jp/program.html

第2部の第1分科会にて「中小企業庁長官賞」を目指して発表をおこないます。
テーマは「多様な事業承継を支援する中小企業診断士の実態を見える化」
お時間のある方は、是非足を運んでいただければ幸いです。
http://www.jigyousyoukei.co.jp/2013/09/16/2918/

▼【本日限り! もしお時間つけば可能!】
今回、弊社代表の内藤博による「事業承継のいろはがわかる」セミナーを行う
のですが、今回は特別に機械振興会館さんのご厚意で、会館・組合外の人でも
参加できることになったんです!

日時:10月29日(火)15:00~16:30
会場:東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館

「事業承継」は一般企業にとって、最も重要な経営課題です。
同時に多くの組合 や組織の運営者にとっても悩みの種です。

原因は、構成員の高齢化と若手経 営者の不足や事業を継続・承継させる
ノウハウや情報の不足とも考えられます。

今回の 90 分無料セミナーでは、この問題にズバリとお答えいたします。

事業承継とは、何をどのような手順で行うことが必要なのでしょうか?
また、後継者として事業を引き継ぐことになった場合には、何に注意して、
どのようなポイントを学んでいけばよいのでしょうか?

事業承継の入り口で迷われている多くの経営者の方に、事業承継を取り巻く
最新情報
と、具体的な解決の手順についてお知らせするセミナーを開催します。

もしご興味がありましたら、以下ホームページか、メール、電話、FAXなん
でもよいのでご連絡下さい。その上で、直接会場へお越しください。

http://www.jigyousyoukei.co.jp/2013/09/27/2931/

――――――――――――――――――――――――――――――――――
M I R A S A P O N E W S L E T T E R  2013/10/29
┏┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┗■
┃    
┃   中小企業庁委託事業 
┃   中小企業・小規模事業者向の未来をサポートする
┃   支援ポータルサイト 【ミラサポ】
┃ ◎本格版運用開始
┃ https://www.mirasapo.jp/
┃ ◎「GOOD BUSINESS AWARD byミラサポ」開催   
┃  http://www.mirasapo.jp/award/ のお知らせ
┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  
   ミラサポは中小企業庁が開設・運営している中小企業・小規模事業者の
  未来を応援する支援ポータルサイトです。
  本年7月末にお試し版として開設し、2ヵ月半でアクセス数約20万件、
  ユーザー登録数約1.6万件を達成し、既に多数の方に活用されています。
  このたび、これまでにユーザーの皆様から寄せられたご意見なども踏まえ、
  「本格版」の運用を開始しました。
  事業承継センターが参画する地域プラットフォームは、皆様を地域で支える
  実在の拠点として、ミラサポは支援ポータルサイトとして、オフライン・
  オンラインの両面から皆様の経営をサポートしてまいります。
  皆様、是非ミラサポへアクセスし、まずは会員登録をなさってみて下さい。  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ミラサポはこちら ⇒   https://www.mirasapo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 注目情報  ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・
  
  求む!日本を元気にする事業家
  あなたのビジネスアイデアを大募集

  GOOD BUSINESS AWARD by ミラサポ 開催!!
  https://www.mirasapo.jp/award/

 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・・・・・・・・

  この度のミラサポ本格版リニューアルに合わせ、ミラサポでは
  「グッド・ビジネス・アワード」を開催いたします。
  私たち地域プラットフォームは勿論、ミラサポに集う多くの専門家が
  皆様の事業化を支援して参ります。皆様、是非チャレンジしてみては
  いかがでしょうか。

  【募集日程】募集期間:2013年10月17日(木)~11月14日(木)18時
        一次選考:2013年11月末     ミラサポに掲載
        オンラインセッション@ミラサポ
            :2013年11月29日(金)~12月15日(日)18時
        ファイナリスト発表
            :2013年12月24日(火) ミラサポに掲載
        グランプリ/ベストパートナー賞発表
            :2014年1月中旬(予定)、ミラサポに掲載
        受賞者プレゼンテーション/表彰式
            :2014年1月中旬(予定)

  【主な特典】ミラサポが専門家のアドバイス、ビジネスパートナーや地域金融機関
とのマッチング等の機会を提供すると共に、各種メディアでの広報を
通じて、皆様のビジネス化をサポートしてまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■GOOD BUSINESS AWARD byミラサポ 概要、参加申込みはこちらから
  http://www.mirasapo.jp/award/
  注)アワードへの参加は、ミラサポへの登録が必要です。まずは会員登録
    をお願いします。

 ≪お問い合わせ≫

  ■ミラサポ運営事務局
  ナビダイヤル :0570-057-222
  IP電話等  :045-330-1818
(土日、祝日を除く9時~17時 通話料有料)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
事業承継センターでは、円滑な事業承継・後継者育成など幅広く
応援しております。ご興味のある方に是非「メールマガジン」を
ご紹介ください。
また、メルマガで取り上げて欲しい話題などありましたら、お気軽に
ご連絡下さい。

━ http://www.jigyousyoukei.co.jp/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者 内藤博  編集長 山口亨
発行所 事業承継センター株式会社
    東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館 518号室
    電話 03-5408-5506 FAX 03-5408-5507
    e-mail info@jigyousyoukei.co.jp
    https://twitter.com/#!/jigyoshokei
    http://www.facebook.com/jigyoshokei
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
▼顧問契約、単発のご相談、お問合せはお気軽に以下までご連絡
下さい
http://www.jigyousyoukei.co.jp/contact/

▼友人、知人にもこのメルマガを是非ご紹介下さい
http://www.jigyousyoukei.co.jp/melmaga/

▼Twitter、Facebookでも厳選情報を配信しています
https://twitter.com/#!/jigyoshokei
http://www.facebook.com/jigyoshokei

▼メールマガジン配信の解除↓
http://www.jigyousyoukei.co.jp/melmaga/cancel/

事業承継センターでは、事業承継に関する有益な情報を厳選して
提供させて頂いております。
各種セミナーなどのお得な情報もお知らせいたしますので、
引き続きご愛顧いただければ幸いです。
────────────────────────────────
【免責事項】
本メルマガで紹介しているノウハウは、善良な管理者の注意義務に
従い、様々な注意を払って掲載しておりますが、その内容の完全性・
正確性・有用性・安全性等については、いかなる保証を行うものでも
ありません。
つきましては、これらの情報に基づいて利用者が下した判断および
起こした行動、あるいは行動を起こさなかったこと等によりいかなる
結果が発生した場合においても、当社は一切その責を負いません。
また、これらにより利用者および第三者が被った損害および獲得でき
なかった遺失利益等についても、一切の賠償をいたしません。
これは、提供する情報等の内容が間違っていた場合および、内容の
間違いを事前に当社が知っていた場合についても同様とします。
したがって、本メルマガで紹介しているノウハウを実行に移される
際には、必ず専門家にご相談の上ご対応下さい。
不安な場合などは、事前に当社までご相談下さい。

フォームでのお問い合わせはこちら 03-5408-5506