事業承継センターの提供する後継者塾の理念

後継者が掲げる哲学私たちが望むのは、いたずらに永続する企業ではない。

社会から存在を許され、一定の収益を上げ続けることで、社会の構成員としての義務を果たす企業が重要なのだ。

時代に合わせて、環境変化に対応して、自から変革した企業だけが、生き残ってきた

その変革の中心は、いつの時代も若者である。

若者には学ぶ権利も、失敗する自由も与えられている。
そして、勇気を持って飛び立つことも出来るのだ。

宿命、運命、そして後継者

後継者の人たち彼らは一様に何かを背負っている。

この家の子として生まれてしまった「宿命
経営者として次の世代を任せられる「運命
その様な定めの中で葛藤を乗り越えて、「後継者」になったのだ。

心の奥に秘めた後継者への決意が、彼ら自身の変容を促し、経営者へと成長していく。
その過程では、多様な価値観との意見交換と、人間同士のぶつかり合いによる切磋琢磨が必要である。

学び合い、気づき合う道場

フローを考える跡継ぎ
後継者塾は、知識を与える学校ではない。
自ら学び取る場であり、互いに気づきを与え合う道場である。

講師も塾生も互いに学びつつ教え合う「半学半教」の世界が、そこにはある。

代表交代を控えている者。親に言われて参加した者。
様々な動機が有って良いが、心の中に自分を見つめる冷徹な理性がなければならない。

人は人によってのみ、磨かれるのだ。

最後の砦

後継者塾は経営を成功に導き、企業の未来を創る、最後の砦とならなければならない。

常に真剣勝負の、魂のやり取りを支え合う存在が、後継者塾である。

事業承継センター株式会社 代表取締役CEO 内藤博

フォームでのお問い合わせはこちら 03-5408-5506