よこはま後継者塾2017

※満席のため、本年度の募集は終了しました。

全国14箇所、6年で344名超の卒塾生を輩出した後継者塾を横浜で開催します!

よこはま後継者塾リーフレット最終版_ページ_1 全国14箇所、6年で344名超の卒塾生を輩出した後継者塾を横浜で開催します。 経営者としての意思決定を体験しながら、自社についての理解を深め、同じ境遇の仲間を作る事ができるこの機会を是非ご活用下さい。

皆様の参加をお待ちしております!

後継者のあるべき姿とは
私たちは年間延べ数百社の中小企業のご支援を通じて、たくさんの経営のノウハウや成功事例、失敗事例を見ています。 その中で、これからの経営者には何が求められるのかを常に考えています。 経営者が変わるときはまさに企業の転換期であり、後継を任される者は大学で習う経営学や、現場で吸収した実務だけでは 会社をキリモリできません。求められるのは経営という知識とノウハウです。 私たちは後継者の「あるべき姿」を明らかにして、必要とされる武器をご提供いたします。

こんなことが学べます 後継者としての心構えや覚悟、科学的経営に不可欠な自社分析を、講義・ワークショップ・発表などの手法をで楽しく学びます。 本講座で一緒に学び、一生つきあえる後継者仲間を作りましょう。

 

こんなことでお悩みではありませんか?

コンサルタントの実務家集団だからできる! 以下のお悩みにお答えします!

現社長の悩み

  1. 後継者が頼りなくてまだまだ経営を任せられない
  2. 後継者の代は時代に合った経営で運営してほしい
  3. 既存にとらわれることなく、現状を打破して新しい経営を目指してほしい

後継者の悩み

  1. 経営の知識やノウハウがまだまだ足りない
  2. 古参の社員以上の実力を示さなければならない
  3. 現社長にいつまでも頼ることなく、組織が一丸となって成長する礎を築きたい
 

過去に開催された後継者塾(当社独自開催)の講義風景

後継者育成髙橋講師後継者塾でビジネスモデル

後継者塾の目標

  1. 経営に必要な知識、知恵、ノウハウを身に着けます
  2. 概念論、精神論に留まらず、実行力や実践力を磨きます
  3. 自ら考え行動する経営者、大きな視点でとらえ緻密な計算で実行する経営者を養成します

後継者塾の特徴

  1. 既存の経営研修のような学術的な部分を一切排除して、実務に必要な知識、ノウハウを学びます
  2. 座学だけでなく、ワークショップをふんだんに取り入れて主体的に「考える」「手を動かす」「対話する」場をつくります
  3. 塾生同士のコミュニケーションを重視して、ネットワークをつくります
  4. 講師は企業の現場を知っているコンサルタント、すなわち実務家集団であり、より具体的、実践的なプログラムを提供します
 

よこはま後継者塾のカリキュラム 2017年度版

日程

テーマ

目的

形態

第1回

8/23

(水)

経営理念を考える ケーススタディから経営理念の重要性を知ります 「なぜアルバイトが顧客のために親身になって対応するような企業が存在するのか?」「いきいきと働く、その秘訣は何か?」をグループワークで話し合います。ポイントは共通目的としての「経営理念の重要性」。経営者が何を大切にして事業をしてきたのか、それを後継者がしかりと受け止めることの大切さを学びます。 講義 ワーク

第2回

9/6

(水)

経営戦略を考える ケーススタディから、なぜこの企業はこの戦略を採用したのかを考えます 環境を定性的、定量的に分析し、SWOTに落とし込み、「企業の向かうべき方向性」をグループワークで話し合います。ポイントは大局観をもつこと。部分最適に陥ることなく、個々の情報を俯瞰しながら、問題の本質をつかむこと学びます。 講義 ワーク

第3回

9/20

(水)

ビジネスモデルを考える ケーススタディから、企業はどこに強みを見出し、どこでお金を儲けているのかを考えます 社会における自社の位置づけと社内のプロセスから、「儲けの源泉」を明らかにし、ビジネスモデルの本質をグループで話し合います。ポイントは、プレイヤーとの関連図と内部バリューチェーン。なぜ仕事が来るのか(来ないのか)これから強化していく点はどこかを明らかにします。 講義 ワーク

第4回

10/4

(水)

戦略と組織を考える ケーススタディを使って「戦略を実現する」ために有効な「組織の作り方」について考えます 組織を活性化させるための三要素は、「共通目的・貢献意欲・コミュニケーション」。ポイントは上から下へ、下から上へ、そして水平方向へと流れるコミュニケーションの重要性。自律的に働く社員をどう生み出すのか、その手法を学びグループで話し合います。 講義 ワーク

第5回

10/18

(水)

人を活かすこと、労務管理を考える ケーススタディを使って、社員のやる気を高める労働環境とは何かを知ります 就業規則や退職金制度はあるでしょうか。先代までのカリスマ性だけで従業員をコントロールすることはもはや不可能です。きちんと従業員の権利を認めつつ、モチベーションの上がる労務管理とは、どうすれば実現できるかを考えます。残業代削減/リストラの手法といったテクニカル面も学びます。 講義 ワーク

第6回

11/8

(水)

決算書と管理会計を考える ケーススタディを使って、数値にもとづくPDCAの大切さを知ります 貸借対照表や損益計算書の本当の意味や味方を意外と知らないものです。経営者は、数値の細部から見るのではなく大枠から見ることが大切なのです。また金融機関との付き合い方や、キャッシュフロー、資金繰りの大切さも併せて学んでいきます。 講義 ワーク

第7回

11/29

(水)

自社の経営指標を考える ケーススタディを使って、経営者が理解すべき「管理指標」を考えます 業種業態によって、管理するべき指標は変わってきます。粗利率、商品回転率などのオーソドックスなものから、広告費対来店客比率、営業マン当たりのアポイント獲得件数など、独自の管理指標を掲げる企業もあります。 ポイントは、ビジネスモデルとの整合性。企業にふさわしい管理指標は何かを明らかにする手法を学びます。 講義 ワーク

第8回

12/13

(水)

5年後の経営ビジョンの発表会 これまで後継者塾で学んだことをまとめ、自社の進むべき方向性を発表します 経営理念を解釈し、現状に落とし込んだらどうなるか 「顧客から見たとき」「取引先から見たとき」「社員から見たとき」「経営者から見たとき」5年後はどうありたいか 法と、無視してもよいものは何かを優先順位をつけながら考えます。 発表会
 
 

講師のプロフィール

 
事業承継センター株式会社 取締役 CMO 東條裕一(塾頭) 中小企業診断士(平成26年度 中小企業庁長官賞) 東條先生 損害保険会社の営業として16年間勤務の経験を活かした「売れる仕組みづくり」「売れる営業体制づくり」のためのコンサルティングが得意。 事業承継においては、後継者に向けた営業支援はもちろんのこと、経営ノウハウを引き継ぐための「経営の仕組み化」「経営の見える化」を、独自のツールを用いながらサポートしている。また、弊社主催ならびに、九州、沖縄、各自治体等で行われている後継者塾の塾頭として、企画運営をしている。 著書に「3ヶ月で結果が出る18の営業ツール」がある。平成26年度中小企業診断シンポジウムにて、論文「サービス業に「再現性」と「創造性」をもたらす科学的メソッド」が、中小企業庁長官賞を受賞した。
高橋 聡 事業承継士・中小企業診断士(元後継者) Exif_JPEG_PICTURE自らの町工場二代目経験を活かし、中小企業経営のツボを押さえた経営指導を強みにしている。「社長を経営者にする」「専門知識を使える知識にする」ことをモットーに多くの中小企業再生に関わっている。
 
 
渡辺 孝 日本生産性本部認定 経営コンサルタント watanabeもの作り企業の現状を管理会計、IE 手法などを使って見える化し、経営課題設定、品質・生産管理、5S や現場改善の実施など経営戦略策定から製造現場のオペレーションまで企業を「一気通貫」で支援する。
今野 不二人 事業承継士・中小企業診断士・MBA 101105今野不二人様2 「聴く」ことを大切にコンサルティング業務に従事している。高校中退後、トレーラーの運転手などを経て、大原簿記学校にて簿記とFPの講師業務に従事。独立後も多方面から依頼をいただき、1,000人以上のFPを養成。住宅メーカーでFP資格取得の講師をしたことをご縁に、土地有効活用案件を中心に営業に同行すること多数。FPとして相続関係の相談を得意とするほか、保険の乗合代理店に所属して10年になる。法人の経営に役立つ保険を経営全般的な観点、財務的な観点から提案することを得意とするほか、相続・事業承継対策の保険も得意とする。
石井 照之 事業承継士・中小企業診断士 t-ishii 化学品専門商社で営業に従事。中小企業診断士取得後、経営コンサルタント会社へ転職。営業マニュアル作成、営業担当者向け研修を担当。 その他、中小企業の資金調達やマーケティング支援等を経験。現場のノウハウや知恵を形式知化するナレッジマネジメントにも強い。 独立後は、中小企業向けコンサルティングに従事するとともに、後継者塾講師も務める。実務の視点から理論をわかりやすく解説することがモットーである。
 
※上記講師は状況により変更になる場合があります。
 
 
 

開催概要

日時 : 以下日程の 18:00~21:00 8/23(水)・9/6(水) 9/20(水)・10/4(水) 10/18(水)・11/8(水) 11/29(水)・12/13(水)
場所 : 横浜市開港記念会館 9号会議室 横浜市中区本町1丁目6番地
参加資格 : 横浜市の中小企業を承継予定の方、 または承継後間もない方
参加費 : 無料
定員 : 20名(先着順。定員になり次第締切)
塾頭 : 東條 裕一 事業承継センター株式会社 取締役CMO

【塾頭略歴】

1963年生まれ。明治学院大学経済学部卒業後、損害保険会社を経て2003年中小企業診断士として独立し、07年(株)エッグス・コンサルティング設立。損保代理業に対する営業企画、販売支援をおこなってきた経験を生かし、売れる仕組みを構築するコンサルティング及び新たな仕組みの提案を得意としている。中小企業大学校講師や東京リーガルマインド講師など企業研修・セミナー多数実施。

開催場所

 

お申込み

満席のため、本年度の募集は終了しました。

フォームでのお問い合わせはこちら 03-5408-5506