事業承継ジャーナル

専門家向け事業承継ブログ、事業承継ジャーナルです。

  • 遺産分割協議書と借金

    遺産分割協議は、どういう場合に必要になるかといいますと、遺言がない場合になります。 つまり、いったん、相続人全員の共有名義になった後で、相続財産を誰にどのように分けるのか、を話し合うことを遺産分割協議といいます。 遺産分 詳細は >

  • 『特別寄与者の寄与分』と『特別受益』

    法定相続が本当の意味で平等かと聞かれれば、 「そんなことは絶対にない!」 と断言できますが、法律はそこを完全に親族関係でスパッと切るわけです。 まぁ、そうやって割り切らないと法律とは言えないわけですから、しょうがありませ 詳細は >

  • 遺産分割 3つの方法

    そもそも遺言を具体的に書いておいてもらえれば、遺産分割協議をしなくてもいいわけですが、 遺言があったとしても、例えば、「財産の2分の1を長男に2分の1を次男に相続する。」 という包括的な遺言や、遺言がそもそもない場合は、 詳細は >

  • 人が亡くなった時、承継行為の前に遺族がしなければいけないこと

      人が亡くなった時に、相続や事業承継という承継行為の前に、遺族がしなければいけないことがたくさんあります。 普段は何気なく過ごしていて、いざ、自分の身近な人が亡くなった時にどのような手順で行動すればよいのかを 詳細は >

  • 遺留分の思わぬ落とし穴

    相続以外にも被相続人から財産をもらう方法がいくつかあります。 えっ、相続以外にどうやって財産をもらうの?と思われるかもしれませんが、法律的には遺贈、死因贈与というものがあるのです。 ここは専門家でもごちゃごちゃになってい 詳細は >

  • 養子縁組制度と相続税

      養子は相続税上ではどのように取り扱われるのでしょうか? 養子は一人までしか認められないとよく勘違いされている方がいます。 これは正確に言いますと、相続税を計算するときの基礎控除と生命保険金/死亡退職金の非課 詳細は >

  • 養子縁組制度と相続

      養子縁組という制度は、最近はあまり聞かなくなりましたが、資産家の間では、相続税を軽減させる効果がある、ということでよく知られています。 養子になると、その縁組の日から養親(新たに親になる者)およびその家族と 詳細は >

  • 事業承継時の株式評価

    株式の評価方法は何種類もありますが、原則的評価と言われているのが類似業種比準価額と純資産価額です。 また特例的評価と言われるのが配当還元価額であり、これは経営に対する支配権を持たない同族以外の株主に対して適用されるもので 詳細は >

  • 相続人と相続分 その2 遺留分放棄の事例

    前回は、遺留分についての基礎的なお話をしました。 今回は、具体的な事例をお話しましょう。 ある社長と奥様を交えてお話しをしていたら、奥様が席を立った時にこんなことをぼそっと相談されました。 「実は先妻との間にできた子供が 詳細は >

  • 相続人と相続分

    「あなたは生前に相続を放棄したいですか?」 という質問をしますと、ほとんどの人が、「借金が多いならそうするが、普通はそんなバカなことはしない。だって遺産はほしいもん」と答えるはずです。 相続放棄はしたくないと言うのが人情 詳細は >

フォームでのお問い合わせはこちら 03-5408-5506